途中で服薬をやめないで・・・





足の爪は約半年から1年で生え替わるといわれているらしいのですが
爪の伸びる速度には個人差があるため
薬の服薬期間は個人個人違ってくるらしいです。


薬を飲むと・・・


爪白癬の濁った部分が爪の伸びに伴って先の方へと押し出され
正常な爪に置き換えられるらしいです。


爪白癬の濁りが先端部だけなら治療期間が短くて済むらしいのですが
爪全体が濁っている場合は治療期間も長くなるらしいです。


服用終了時期は、経過をみながら医師が判断してくれるそうです。


自分で勝手に服用をやめてしまうと、せっかく爪白癬が治りかけた爪が
また元の爪白癬の爪に戻ってしまうこともあるらしいです。


医師の指示に従ってきちんと薬を飲み続けることが、
爪白癬の完治への近道らしいです。


家族のためにも、できるだけ早く爪白癬の治療を始め、
そして根気よく続けて、健康な爪を取り戻してみませんか?




血流にのって患部に届く







水虫でお悩みの方の中にはどうしても・・・
恥ずかしいからとか、忙しいからとかで病院に行かずに
市販の塗り薬を使用している人もいることでしょう。


しかし・・・


爪は硬いために、外側から薬を塗っただけでは、
爪の中にいる白癬菌まで薬の効果が行き渡らないらしいのです。


そこで・・・


白癬菌の治療には飲み薬が使われているらしいです。


飲み薬は、血液の流れにのって患部まで届くらしいです。


ですから、塗り薬で治りにくい場合には、
飲み薬でしっかり治すことが大切なのだそうです。




爪白癬は爪水虫の感染症?







あなたや家族の爪は、変色したり厚くなって濁っていたりしませんか?


爪の水虫=爪白癬(つめはくせん)は
白癬菌という水虫菌が爪にすみついて起こる感染症らしいです。


痛くもかゆくないないので放っておきがちですが
実は白癬菌は爪の中で増殖し続け
爪が水虫菌の貯蔵庫のような状態になるらしいのです。


こうなると爪の水虫だけでなく足の水虫も
いつまでも治らない原因になってしまうらしいです。


さらに、自分の体の別の場所にもうつったり
最悪の場合、家族にまでうつしてしまう可能性もあるらしいです。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。